基幹システムとは?導入目的や選び方を知ろう!

基幹システムとは何?

基幹システムとは、企業経営で主要な業務を支えるシステムのことです。障害が発生した時、直接影響を及ぼすような活動に対するシステムのことをいいます。基幹システムの種類は「生産・販売・購買・会計・人事・勤務や給与管理」などです。複数のシステムを一元化して、パッケージ化したものもあります。メールソフトやグループウェアは、基幹システムではなく情報系システムに分類されるでしょう。これらは、障害が起こっても企業の活動に制限が掛かる程度です。基幹システムは主要業務に関わることなので、しっかりとシステムを導入する必要があります。

基幹システムを導入する目的

基幹システムの導入目的は「作業の効率化」「情報を可視化」です。基幹システムによって、業務を手動から自動にすることで、業務の効率化が図れます。また、人的なミスの削減にもなるでしょう。データの入力方法や管理方法を統一させれば、抽出したい情報をすぐに見つけることもできます。つまり、情報が可視化でき、作業のスピードアップにも繋がるのです。数値データが一元化できれば、部門ごとに集計してから統合するなどの不要な作業がいらなくなります。

基幹システムの選び方

基幹システムを選び際には、その企業に合ったものを選択する必要があります。何故なら、基幹システムには初期費用が掛かり、大企業向けや中小企業向けなどさまざまな種類があるからです。種類でも、生産に対するシステムや人事や給与管理などがあります。パッケージ化したものもありますが、必要なものだけを選択して取り入れるのもいいでしょう。特に生産管理システムは、納期や品質などの管理ができます。これを活用すれば、正確かつ効率的に業務を進められるのです。

基幹システムとは、企業の業務を支える基盤となるシステムです。会計、購買、生産管理、販売管理、在庫管理、給与計算、勤怠管理などのシステムが該当します。