ネットワーク監視の重要性と監視するための方法

ネットワーク監視が必要な理由

クラウドサービスの普及に伴い、ネットワーク監視の重要性が注目されています。
クラウドサービスの場合、自分でサーバをたてて運用するサーバ導入型方式と異なり、ネットワーク経由で必要なシステムを利用するため、ネットワークがつながらないと求めるサービスが利用できません。よって、クラウドサービスではネットワークが正常に稼動していることを担保することがとても大切であり、必要不可欠なのです。
最近のネットワーク技術は進歩しており、従前と比べるとネットワークが遮断してしまうようなケースは減ってきていますが、ネットワークが遮断してしまう要因には複数あり、いつどんな理由で遮断してしまうかなかなか想定できないことが多いです。

ネットワーク監視の方法

ネットワークが遮断してしまう要因としては、物理的にケーブルやファイバーなどが破損してしまうようなケースから、人的な設定ミスにより通信経路がおかしくなったり、ネットワーク機器の故障等、様々な要因があります。よって、ネットワークの正常稼動を確認するためには特定の機器に対して故障していないかという確認をするよりも、PINGというコマンドをネットワークの向こう側にあるサーバやクライアントに投げることにより、その通信が到達するかどうかでネットワークが正常に稼動しているかを確認することが望ましい方法であります。
ネットワークはいつどのようなタイミングで中断してしまうかわからないため、1日に一度確認すればよいというものではなく、30分に1回や稼動させているサービスの内容によってはによっては10分に一回など、こまめに監視する必要があります。

多くのIT機器を一元管理することをコンフィグ管理と言います。一元化することで担当者の負担を軽減出来るため、大きな人件費削減効果を得られます。