ホームページはコンテンツ内容も大事ですが、デザインセンスも重要なポイントです!

ホームページは最初の見た目で集客に差が出る!

ホームページの集客というのは、一昔前であれば、コンテンツの記事内容をしっかり作る事が最も重要とされていた時代もありましたが、インターネット環境も良くなった事で、以前であれば通信環境の問題でホームページの観覧に悪影響が出るような凝ったデザインでも近年の環境であれば、それなりに凝ったデザインで集客をするのもひとつの作戦になるといえます。

あくまでも、最初の集客という意味での話なので誤解をされると困るのですが、コンテンツの内容に関しては、インターネット環境が良くなった事で同じコンテンツのライバルが増加したと考えるのが妥当だと思います。従って、普通の記事レベルで良かった物が更にレベルの高い内容を求められる時代になっている事に違いはありませんので注意が必要です。

デザインとコンテンツ内容の役割を把握しよう!

はじめての集客には見た目が重視される事も考慮して、デザインに凝る必要があります。この時も一般的には、トップページだけに力を注いで残りのページはテキストばかりというホームページを見かける事もありますが、あくまでも全てのページでデザインで手抜きをするのは逆効果になります。検索サイトでの集客は必ずしもトップページとは限らないという事を理解している事も重要になります。

コンテンツ内容の役割は、集客したお客を逃がさない役割や次の訪問を期待するリピーターの確保が主な役割になります。そのためには適度な更新頻度はもちろん必要ですが、内容的に他のホームページにもあるような内容ばかりでは徐々に訪問者は減る事も考えられますので、できるだけオリジナルに秀でた内容の記事にする事が必要になります。

レスポンシブデザインは、PCやスマホ・タブレットによってウェブサイトの大きさやデザインが最適化されるので、ユーザーがウェブサイトを使いやすくなるといった効果があります。