在庫管理との連携!クラウド会計システムの高機能性

在庫管理と会計の関連性

商品を扱う業務を行っている限りは在庫管理を行うことは欠かせません。どれだけの在庫がどこにどれだけ保管されていて、それらがいつ入荷されたものでどのようにして出荷される予定なのかを細かく管理することが必要になります。そのために在庫管理システムを利用することも多くなりましたが、クラウド会計システムを活用することも可能です。在庫管理と会計には密接な関係があります。ある月の入荷と出荷の記録を参照し、その取引金額がわかることによって帳簿を作成することができるからです。このため、在庫管理を行ったデータに基づいて商品に関わる会計処理を行うことができます。その観点から在庫管理システムを搭載したクラウド会計システムも開発されているのです。

クラウドであることのメリット

在庫管理システムを兼ねるとなるとクラウドであることのメリットが大きくなります。POSとして運用することができるからであり、スマートフォンや専用端末を使って商品をバーコード管理することにより、入荷日時や出荷日時などをまとめて管理することが可能です。会計業務の効率化を考えているときでも、在庫管理システムの導入を検討しているときでもクラウドベースになっている会計システムを導入するのは合理的と言えます。逆に在庫管理システムと銘打って会計システムを搭載しているものもあり、大きな違いはありません。ただ、機能面でどちらに重点を置いているかが違う場合もあるので必要な機能が搭載されているかは確認する必要があります。

クラウド会計とはインターネット環境が整っていれば、いつでも、どの場所でも会計処理を行うことが出来る会計システムのことをいいます。